ちっとも稼げないブログアフィリエイト日記

主婦ポテ子は困るといつも先生に相談するのでした。

完璧なブログ記事を目指す。それはポテ子のコンプレックス。

拝啓、先生。

私はブログに記事を書くとき

  • 導入部分からすらすら流れるように
  • 記事の最後まで読んでもらえる
  • 何度読み返しても飽きない

こんなことを意識してきました。

自分のブログだから、私にとって記事は財産だから、正しいことをしていると思ってきました。

 

先生。

昨日、考えすぎと指摘されたとき

「じゃあどうやったら考えすぎずに書けるんですか?」と聞こうとしたけど、聞けずに飲み込んじゃいました。

書き方を聞いても、根本的な解決にはならない気がして。

ポテ子のコンプレックスが、完璧な記事を書かせるのだと。ふわっと、いま、頭のなかに出てきたので、夢中で書いてます。

 

先生。

ポテ子は勉強しなくても成績の良い、要領のいいじゃがいもでした。

(いまは一回聞いただけじゃわかりませんが・・)

それなりの大学や短大に進める、私頭いいもんね〜と思ってるイヤなじゃがいもでした。

 

高校卒業の進路を考えるとき、ポテ子は親から働けと言われました。ショックでした。

貧乏だったので、4人兄弟の3番目の私を進学させるお金もないし、父親は女に学歴は必要ないという人でしたから。

 

ポテ子は恥ずかしくて、友達が進学している道内をとびだし、新聞奨学生をしながら専門学校へいくと勝手に決めてしまいました。

 

でも結局、ポテ子は専門学校を2年通って卒業することができず、高卒という学歴のまま現在に至ります。

 

先生。

ポテ子は高卒というコンプレックスがあるのです。記事を書くときに「人から賢く思われたい」と無意識に力が入ってしまうのはそのせいです。

 

価値のある記事を書きたい。文章で評価されたい。賞賛をあびたい。

流れるような文章、人の心を動かす文章、上手いと言われる文章。

 

書くことで得られる価値が「私は本当は賢いんだけど、親の都合で進学できなかった」という自分へのなぐさめであり、アピールになってるんだなぁって。

形のある評価で自分のプライドを守っているんだなぁって。

 

ポテ子は、なぐさめや言い訳をいつまで続けるんだろう。そんなこと誰も知らないのに、バカですね・・。

自分で認めることができてよかったです。

 

先生。気づかせてくれてありがとう。

 

考えすぎて完璧を目指して記事が書けないことが、ブログアフィリエイトの妨げになるなら手放したい。

まじめに思っちゃうところが、ポテ子のいもっぽさ。

 

できてるところは認めたい。

できていないところは努力したい。

でもそれが何なのか、自分ではわかりません。

 

先生。

ポテ子はこれから何に意識を向けたらいいでしょうか。